伝統耐震診断..|静岡県浜松市の大石設計室は、民家工房法・伝統木工法を駆使した木造住宅・古民家再生を専門とした設計事務所です。「真壁造り」「土・紙・石などの自然素材」「住まいやすさ」など、古い民家に詰まったたくさんの知恵を受け継いだ「民家を継承した家」をつくり、次の世代に残していきたいと考える木造民家・古民家再生工房です。

伝統耐震診断..

2021年07月22日

伝統耐震診断... 屋根の瓦と土が下ろされたところで耐震性能を見てみることに                               これから解析していきます... ・ ・ ・

調査その四..

2021年07月15日

調査その四... 天候も落ち着いてきたので外部の調査を                         猛暑の中ですが、手の込んだつくりがたくさん見られます... ・ ・ ・

内部調査..

2021年07月10日

内部調査... 内部の詳細調査が始まりました。                漆喰を剥がしてみるとレンガ積みがはっきり見えてきました。 これから改修計画が練られていきます... ・ ・ ・

湿球黒球温度計..

2021年07月06日

湿球黒球温度計...   湿球黒球温度はWBGTと呼ばれるらしい。 WBGTが28℃を超えると「熱中症要注意」に… このWBGTは、湿球温度と黒球温度と乾球温度の3種から算出されるようです。                          めっちゃ暑いと感じる2階の食堂で… 温度計は、WBGTが2...

調査その参..

2021年06月30日

調査その参... 内部の調査も始めました。                         梅雨時の調査はお天道さまのご機嫌をうかがいながら... 今日は内部を..とそんな感じで ・ ・ ・   

調査その弐..

2021年06月26日

調査その弐... いざ床下へ          床下の湿気が無く調査もスムーズ..この状態なら半日は潜っていられそうです。            40坪ほどの床下をくまなく調査..調査は延々ほふく前進と後進の連続          最後にレベルを測って床下の調査は終了.. 床下の状況も良く午前中でなんとか終えることができましたが、...

瓦降ろし..

2021年06月25日

瓦降ろし... 足場と素屋根が組まれた土蔵では、瓦が降ろされ調査が始まりました。                いちど降ろされた瓦は再使用の時をしばらく待つことに...                      この土蔵は40~50年ほど前に大改修がなされたようです。その大改修で竹小舞と土壁が外されレンガ積みで復旧されているこ...

調査その壱..

2021年06月24日

調査その壱... 今回は まずは小屋裏から調査を始めることに                写真に白っぽく丸いものが飛んでいるように見えているのは、築90年になる小屋裏在住のホコリたち...             午後からは屋根に上がり高いところから90歳になる身体を点検... 次回は床下を調査予定 ・ ・ ・    ...

芝生に..

2021年06月23日

芝生に... 樹木の生育の様子と芝生の補修と肥料やりを造園屋さんにお願いをしました。                   造園も竣工してひと月たちましたので、樹木の生育の様子を見てもらいました。  ちょっぴり生えそろった草には除草剤も噴霧.. 芝生の方は根付きが良くなかった部分を貼り替えしてもらい、肥料も配っていただいたんで迎える夏には緑...

古民家の調査..

2021年06月21日

古民家の調査... 安東の古民家の調査が始まります。                   蚊除けはやっぱりコレ... この季節の調査には必需品です。 ・ ・ ・
1 2 3 4 129

pagetop