解体工事が..|静岡県浜松市の大石設計室は、民家工房法・伝統木工法を駆使した木造住宅・古民家再生を専門とした設計事務所です。「真壁造り」「土・紙・石などの自然素材」「住まいやすさ」など、古い民家に詰まったたくさんの知恵を受け継いだ「民家を継承した家」をつくり、次の世代に残していきたいと考える木造民家・古民家再生工房です。

解体工事が..

2020年03月18日

解体工事が... 五条の家子世帯の工事が始まりました。まずは解体工事がスタート..                          子世帯の方は、40歳になるRC造の建物の改修工事です。まずは解体屋さんにより1階部分の天井・壁・床を全て撤去します.. 40年前の墨もまだまだ現役のよう 構造躯体の様子や基礎の状況などを確認して、ここから詳細...

そとん壁..

2020年02月21日

そとん壁... 外壁のそとん壁の仕上げが始まっています。内装工事の方はひと段落し床の汚れ落としとワックス掛けが行われたもようです..                          下塗りの上に仕上げ材料を塗っていきます。骨材が大きいので塗り付けは通常より手間が掛かるようです...           表面が乾いてき...

内装工事..

2020年02月13日

内装工事... 室内の大工さんの工事も終わり内装工事が進んでいます。外回りではそとん壁の下地つくりと大工さんが雨戸とデッキつくりを進行中                天井裏はこんな感じに...                     天井裏にはエアコンも取り付きダクトも配管され試運転を待つばかり。 室内の方は来週中頃お掃除が入る予定の...

階段も..

2020年01月29日

階段も... R天井のボードも張られたよう...さて出来映えはどんなもんでしょうか?                   ちょうど良いバランスのようです.. 建物の中にアール部分があるとやさしい感じが出て良いですよねぇ...           床板も張り始めたもよう.. 今回は小屋裏にエアコンを設置して、床下と空気循環をさせてみようと思って...

天井下地..

2020年01月24日

天井下地... その後の現場では、外壁の下塗りがはじまり、内部ではR天井の下地が組まれてきました。                      そとん壁の下地です...           折り上げ天井の内部はアールになります。少し天井高さを低くして、アールをゆるめに変更してみましたが仕上がりはいかがになろおうか?.. 寝室になりますので、...

いぶし瓦..

2020年01月15日

いぶし瓦... 久しぶりの日本瓦葺きの屋根。 いぶし瓦は日本の家屋..という感じがして良いですね。                               今回は創嘉瓦工業の「三州 純いぶし」を... 通常の瓦に比べ軽く(11%程度の軽量)、3寸勾配でも葺くことができます。 一文字軒の「ストレート軒」もすっきりしていていいでしょぉう....

建て方その後..

2019年12月25日

建て方その後... その後の現場では、大工さんが4人で中外両方から攻めています。なるほどこれなら年内に囲えちゃいそうですね..                     基礎断熱してエアコン&カウンターアローファンで空気循環をする予定...                     屋根と外壁はアルミ遮熱シートを張って二重通気層を... ...

建て方..

2019年12月18日

建て方.. 五条の家では親世帯増築部分の建て方をおこないました。雨上がりが少し遅れて午前中は曇り空...                増築したのは寝室とクローゼットの約7.5坪..大梁棟木に登り梁を掛けて                久しぶりに梁桁に舶来ものを.. 近年はいつもスギを使っていたから米松の木肌がやけに懐かしい... 現...

その後..

2019年11月26日

着工その後... 配筋検査で現場へ。 その後の現場では、浴室になる部分の床が撤去されたり、窓に改修部分の土壁がはがされています。外では増築部分の基礎コンクリートが打設中..          ??                     小さい基礎だからシュートでコンクリ打ち.. 最近はポンプ車があたりまえだからなんだか懐かしい光景。そう...

着工..

2019年11月20日

基礎工事着工... 親世帯の改修工事がいよいよ本格的に始まりました。 今日は増築部分の基礎工事着工と、改修部分の内装解体工事がスタート..                増築部分の基礎工事... 二世帯になるので今までの寝室とクローゼットが水廻りに変わりますので、こちらに新たに寝室とクローゼットを増築することになったというわけ。       ...

pagetop