|静岡県浜松市の大石設計室は、民家工房法・伝統木工法を駆使した木造住宅・古民家再生を専門とした設計事務所です。「真壁造り」「土・紙・石などの自然素材」「住まいやすさ」など、古い民家に詰まったたくさんの知恵を受け継いだ「民家を継承した家」をつくり、次の世代に残していきたいと考える木造民家・古民家再生工房です。

2018.07.03

壁紙下地のパテ処理...

外部では排水工事やガスボイラーの取り付け、室内では天井と壁のパテ処理が始まりました。もちろん大工さんの家具工事も同時進行中...


ボードの継ぎ目や出隅、ビス位置などにパテ処理をして、その後ぺーぱー掛けして平滑に仕上げて紙貼りするという工程です..

外部の給排水の配管や浄化槽の設置も進んでいます...

隣接する果樹園の苗木も大きくなってきたようです..

今月中には壁と天井の内装が仕上がる予定。白と黒の空間が見られるようになりますので楽しみですね...

pagetop