お知らせ / ときたま日記|静岡県浜松市の大石設計室は、民家工房法・伝統木工法を駆使した木造住宅・古民家再生を専門とした設計事務所です。「真壁造り」「土・紙・石などの自然素材」「住まいやすさ」など、古い民家に詰まったたくさんの知恵を受け継いだ「民家を継承した家」をつくり、次の世代に残していきたいと考える木造民家・古民家再生工房です。

ときたま日記...

一覧を見る

レンガ積み...

仕上げの漆喰が剥がされた現場では、外部も内部も下地のレンガが見えています。40~50年前の大改修の際、土壁からレンガ積みに変えられたようです。..

  

  

  

  

  

  

今日は新庁舎となった会議室で打合せを..展望台からは焼津港や町並みが一望できます。



小屋裏の続き...

今回は助っ人に来てもらい小屋裏の調査の続きを

  

  

  

  

  

  

  

  

やはり若い力は素晴らしい.. 早い、力強い、そして柔軟



小屋裏に...

今回は小屋裏に潜入してきました。

  

  

  

  

  

  

おおよそ築108年をむかえる母屋の小屋裏は、太い丸太が幾重のにも組まれすごく重厚。長さが6間(約11m)もある 直径が30㎝以上が何本も上に下にと梁組みされています...

その中で今回はいちばん下の梁組みを実測してきました。

しばらく小屋裏に潜入している時間が続きそうです...



pagetop