上げ下げ障子..|静岡県浜松市の大石設計室は、民家工房法・伝統木工法を駆使した木造住宅・古民家再生を専門とした設計事務所です。「真壁造り」「土・紙・石などの自然素材」「住まいやすさ」など、古い民家に詰まったたくさんの知恵を受け継いだ「民家を継承した家」をつくり、次の世代に残していきたいと考える木造民家・古民家再生工房です。

上げ下げ障子..

2018.05.09

お気に入りの上げ下げ障子...

その後の現場では、物置の基礎工事が終わり、今日からロフトの壁紙下地処理が行われています。

今日はパテ処理、明日から珪藻土の壁紙が貼られ、その後、床のタイルカーペットが敷き込まれます...


キャットウォークからもれる光がきれい...面白い... 今日は建築家のたまごさんといっしょに現場へ。 

お気に入りの上げ下げ障子.. 障子の中央は固定されていますが、上下が可動式になった紙貼り障子。 上下を少しずつ開けておくと空気を動かしてくれる.. 夏の夜には下を少し上げ涼風を入れる..など使い方はたくさんある。障子にワーロンを勧められるが、やはり和紙の方が雰囲気が良い...ということから今回も「やぶれん」。

そうそう、今日は都市圏で働く建築家のたまごさんといっしょに現場におじゃましました。現代的なデザインを手掛けている方には目新しいものが多かったようですが..

どんな感想をもったのやら?

pagetop